【結婚式】コロナ拡大防止のガイドライン…平和な結婚式はいつできる?

【結婚式】コロナ拡大防止のガイドライン…平和な結婚式はいつできる? ウエディング

こんにちは、りとです。少しずつ街が元気を取り戻してきたので、

やっと結婚式に向かって動き始めらるかと思っていたのですが…

これからの結婚式を考える上で見過ごせないニュースを知りました。

新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインです。

結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」について – 公益社団法人日本ブライダル文化振興協会
結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」の策定にあたり 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出に伴い、特定警戒都道府県を中心に、緊急事態措置による自粛・施設等の利用制限の要請が出されている...

こちらは「公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会」が出しているので、

影響力大ですよね。

これから結婚式を考える新郎・新婦の皆さんに少しでも役立てればと思い、

ポイントをまとめましたので、最後までお読みいただければ幸いです。

1)挙式会場は十分な距離をあけて

まず、結婚式で一番の見せ場である「挙式会場」です。

私たちもたくさんの式場を下見にいき、

光の差し込むチャペル、荘厳なステンドグラス…

ただ基本的にどの会場も、隣の参列者とは近いですよね…

このガイドラインによりますと、

「・参列者は、隣席との十分な間隔(※)を開けること。」

…それは感染防止なのでわかるのですが。

じゃあその間隔はどれくらいかというと、

「十分な間隔」とは、1m以上、可能なら2m以上

目安とし、少なくとも隣の席とは 1席程度の間隔を

あけることをいう。

挙式会場での隣の席を1m開けるといいますと、

長椅子に両親と兄弟一人入れるかどうかでしょうか。

チャペルは地下室にある会場も、狭いところも多くありますので、

親戚だけしか挙式会場には入れない可能性がありますね…

2)披露宴は大皿は✖ 大声の余興は控えること

挙式が終わった後は、披露宴に移る…と思うのですが、

こちらも挙式会場と同じく

・ 披露宴会場は、出来るだけ広めの会場を手配し、

席の間隔は、飛沫感染が防げる十分 な間隔(※)を開けること

でました…十分な間隔です。

これなら、1席ずつ開けるということは、基本円卓ですので、

席につける人数はほぼ半分になる。

大分頭がクラクラしてきましたね。

・ 提供する料理は、個人盛りとし、大皿盛りは避けること。

これってウエディングケーキはグレーということになるかもしれないですね。

少なくともファーストバイトとかは、飛沫感染を考えるとかなり厳しい…

・ 大声を発する余興等については、控えてもらうこと。

こちらについては、影響するかは人によるのですが、

私たちは余興で演奏をしてもらう予定でした。

弾き語りも難しいでしょう。手紙やメッセージでしょうか。

やっていただけるだけありがたいと考えるべきですが…

披露宴の形はだいぶ変わってしまいそうですね(泣)

3)集合写真も密集しない

新郎新婦と式場が一番準備をした披露宴の後の

集合写真でさえ、コロナの魔の手が…

ガイドラインによると

・ 集合写真を撮影する場合は、直前までマスクを着用し、

会話を控えてもらうこと。 


・ スナップ写真を撮影する際には、

密集となることのないポーズとすること。

との記載となっていました。

密集しないポーズってどんなの?

となりかねませんが、もちろん笑いごとではありません。

両手間隔くらいにひらいた結婚式の写真も、
もしかしたらありえるのかもしれませんね。

あとがき)わたしたちが今できること

年末に婚約をし、年明けから結婚式の準備をする新婚さんは多いようですが、

こんな状況になるとは思いませんでしたね。

少しずつ感染者数は減ってきているといわれていますが、

気を抜かず、まずコロナにかからないよう気をつけ、

結婚式ムービーなどできるところから準備をしましょう!

引き続き私たちの結婚式までの記録も上げていきますので

読んでいただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました